tp_aisatu

東京都高等学校体育連盟剣道部
部長  竹原 勝博

皆様には、日頃より東京都高体連剣道専門部の運営にご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。本専門部は、東京都の高等学校における剣道部員の健全な育成と剣道の発展を目的として、大会運営、段級審査会、各種講習会、指導者研修会等を実施して、高校剣道界の普及発展に努めています。

さて、中学校の武道必修化をはじめとしまして、今、武道に対する社会の期待は大きく、私たち指導者は、日本固有の伝統文化である剣道の指導をとおして、その期待に応えるという大きな使命を担っています。全日本剣道連盟が定めます剣道の理念「剣道とは、剣の理法の修練による人間形成の道である」を指導の基盤として指導力の向上に努め、技能の上達のみでなく、人間として優れた姿勢、態度、言動等々、人としての資質を確実に身に付けさせ、将来社会に貢献する生徒の育成に努めているところです。

剣道の特性は、他の種目と違って生涯に亘って自己鍛錬に励むところにあります。高段者の先生方にも初心者の時代があり、基礎基本を正しく身に付けて日々技能と心身の鍛錬を重ねた結果、高段位を取得されています。今、高校剣道界で稽古(練習)に励む生徒たちも基礎基本を正しく学んで修錬を重ね、自己実現を図るべく生涯を通して剣道に親しんでいくことを強く希望します。また、各学校においては、剣道部の生徒たちが校内のリーダーとなって各々の力量を最大限に発揮し、将来は社会に貢献する有能な人材として様々な場面で活躍することを期待しています。

結びに、全国高等学校体育連盟の暴力行為根絶宣言を踏まえ、指導者一人一人の自覚と責任の下に指導力の向上を図り、生徒の健全な育成に全力を注いで暴力行為及び行き過ぎた指導の根絶に努めてまいります。
今後とも、より一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

28剣道専門部HP挨拶文 (1)


過去の記事